美容や健康・生活面などに関するちょっとした雑学を増やそうと奮闘している日記です(^^)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- / / - / -
厚生労働省のメタボリックシンドローム予防の運動とメタボ対策の新商品

最近では、「メタボリック」という言葉が日常用語?!のように使われるようになりました。
「メタボリックシンドローム」のことを長いので「メタボ」と略して表記している新聞や雑誌、ニュースサイトもあります。


注目度が高いため、「メタボリック対策・予防」として様々な商品が登場しています。


最近では、小林製薬が緑色杜仲(とちゅう)葉に内臓脂肪を減少させるなど抗肥満効果のあることを臨床試験で突き止め、2007年8月4日大阪市北区の大阪国際会議場で開かれた日本杜仲研究会の定期大会で発表しました。


臨床試験は同社内で医師の監督のもと、1・8グラムの緑色杜仲葉粉末と1・7グラムの難消化性デキストリンを配合した食品を1日食前3回、2カ月間にわたって成人男性8人に毎日摂取させた。

この結果、摂取開始時に93平方センチメートルだった被験者の内蔵脂肪断面積(平均値)は2カ月後に87平方センチとなり、肥満やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に効果のあることがわかった。

また、肥満になると分泌量が減少し、動脈硬化になりやすくなる生理活性物質「アディポネクチン」を調べたところ、血液1ミリリットルに含まれるアディポネクチンの量は4・6マイクロ(1マイクロは100万分の1)グラムから2カ月後には5・1マイクログラムに増えた。さらに血中の中性脂肪も8人中5人が低下したという。


引用元(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070805-00000001-fsi-ind)



メタボリック対策には生活習慣病予防のための運動が欠かせません。

厚生労働省は、増加する生活習慣病を予防するために「健康づくりのための運動指針2006<エクササイズガイド2006>」を2006年7月に発表しました。


この運動指針は、安全で有効な運動を広く国民に普及することを目的とし、現在の身体活動量や体力の評価、目標の設定方法、運動内容の選択などについて具体的に示しています。

メタボリック対策のための運動量の目標というのがあります。健康づくりのための身体活動量の目標というのが定められています。その内容は、週23エクササイズの活発な身体活動(運動・生活活動)を行う!


そのうち「4エクササイズは活発な運動を!」というものとなっています。


メタボリック症候群の対策のための運動量の目標の中にある、1エクササイズに相当する活発な身体活動とはどういったものなのかも定義されています。

まずは運動に関する項目から説明をしたいと思います。

・軽い筋力トレーニング、バレーボール:20分
・速歩、卓球:15分
・軽いジョギング、バスケットボール:10分
・ランニング、水泳:7から8分


この運動指針は健康成人を対象としています。
持病のある方はかかりつけの医師に相談し、安全に運動を実施することが望まれます。
メタボリック症候群予防のために安全に運動を継続することが大切です。


メタボリック症候群の予防として、食事面での油の摂取を抑える商品も登場しつつあります。
王子製紙は油の吸収量を2倍以上にした「エリエールカロリーライトキッチンタオル」を発売するとのこと。


メタボリック対策のみならずダイエットにも効果があるかもしれませんね(^^)

健康 / 07:03 / comments(0) / trackbacks(2)
腰痛グッズ 腰痛グッズが流行っているようです

腰痛グッズと呼ばれるものが最近流行しているようです。
スポーツ選手や男性のみならず若い女性でも腰痛に苦しめれている方が多いようです。


近年日本人の生活様式の変化、特に長時間労働や食生活の変化、ストレスなどの要因から腰痛になる人が急増しているようです。


今や日本人の10人に1人は腰痛を感じており、もう立派な国民病・・・




腰痛グッズに頼らなくても腰痛は改善することができるようです。


腰痛の大きな原因として挙げられるのが「血行不良」。

これは多くの人が運動不足であることが原因といわれています。


良く歩く人は腰痛になりにくいといわれているが、それは第2の心臓といわれているふくらはぎの筋肉をよく使っているからです。



腰痛グッズではふくらはぎを使うことは出来ない。


腰痛はふくらはぎの筋肉をしっかりと使うことによって、ふくらはぎの筋肉の動きが活発化する。その活発化したふくらはぎの筋肉は血液を次々に身体に循環させようとする。
血行がよくなると、腰部周辺にたまっていた痛みの物質が血液と共に流される。
これで痛みが治まるのみ効果があるようです。



ただ多くの人が腰痛グッズに頼らないといけない状態に追い込まれていることも事実です。


仕事や家事、育児が忙しくて、なかなか充分に歩く時間を取れない人のほうが多いでしょう(><)。


そこで気軽に空いた時間で腰痛ケアができる、腰痛グッズが流行しているとのこと。



腰痛グッズの中で、私が一番腰痛軽減に効果的だと思うものがあります。


それは運動を手助けする腰痛グッズです。


腰痛を抱えている人のほとんどが運動不足です。
わたしも含めて(^^;


中には運動のしすぎで腰痛になる人もいますが・・・
新聞記事を読んでもスポーツ選手は腰痛でしばらく試合に出れない方が多いですし。


仕事が忙しい方や家事・育児で運動不足の方は日々、腰の鈍い痛みと付き合っているようなものです・・・


一番分かりやすいのは『バランスボール』などに代表された体幹を鍛える腰痛グッズかもしれません。

ただ私がここでオススメするものはバランス系の腰痛グッズではありません。


バランス系の腰痛グッズは、確かに様々な筋肉に適度の負荷を与えるため腰部周辺の筋肉が鍛えられ腰痛軽減に効果があります。


ただなかなか最初のうちは上手く行かないことのほうが多いのです・・・


それよりは腰痛を誘発している筋肉へピンポイントに攻めることができる腰痛グッズを選ぶほうがよいと思います。


私のオススメ腰痛グッズは、角度が変えられて、立っているだけでふくらはぎの筋肉がストレッチ出来るものです。


商品名は差し控えますが、腰痛グッズの中には少ないながらも優良商品が隠れていると思っています。

健康 / 17:57 / comments(0) / trackbacks(0)
フィリピン旅行 初めてのフィリピン旅行の際の注意点

フィリピン旅行で注意したい感染症だが、きちんとした対象法を知っていれば、それほど怖くはなかったです^^;

しっかりとした対象を収集しておくことが大切かもしれません。


フィリピンには様々な感染症や風土病がありますが、都市の観光だけであれば、食事や飲み物に注意し体調を整えておくだけでも、かなり病気の予防ができます。

旅行に出かけると、どうしても疲れや飲み過ぎ食べ過ぎで知らない間に抵抗力が落ちてしまうので注意してください^^


フィリピン旅行で注意してほしい食べ物1

■ハロハロ

果物、氷、牛乳で作ったデザート。
ホテルやレストランで出されるものであれば問題はないが、不衛生な屋台などのものは注意が必要。


■生野菜

市場や屋台で蠅がたかっているようなものは避ける。赤痢、食中毒あるいは寄生虫の心配。


フィリピン旅行で注意してほしい食べ物2


■アイスクリーム


フィリピンのアイスクリームは美味しいと言われていますが、不衛生な屋台などで出されたもので下痢した人がおり、赤痢や食中毒の心配(><)
冷凍されたものでも細菌は死ないことはおぼえておいてほしいです。



■果物

カットされて出される果物は、ホテルやレストランでも避けるほうが無難です。

また、不衛生な露店や屋台で切売りされている果物も危険。赤痢や食中毒の心配・・・


■生もの
日本の食習慣をそのままに現地に持ち込んで刺身・生の貝などを食べるのは、たとえ一流レストランや高級ホテルであっても非常に危険です。

新鮮に見えても食中毒菌、コレラ、A型肝炎に感染することがあります。キニラウ(魚介類のたたき)も危険・・・


見た目はおいしそうなのでついつい食べてしまいがちになるが、自分の身体を守るためにも生ものは必ず避けるように(><)


フィリピン旅行中に万が一病気になってしまった場合はどうすれば良いでしょうか。

このこともきちんと把握しておくことが大事です。

フィリピン旅行でよく行く大都市では医療機関は整備されており、特に技術的なレベルを心配する必要はありません。

一流の病院では安心して診療を受けられれます。


国公立病院は料金が安いため、待ち時間が長いです(;;)


一流のホテルでは専従の医師がいる場合や医師の紹介をしてくれるため利用するといいかもしれません。


もちろんですが、フィリピンでは日本と違い健康保険が効かないです・・・

そのため外国人を対象にした病院では風邪でも数千円から一万数千円請求されることがあるのでお気をつけてくださいませ。


旅行 / 17:41 / comments(4) / trackbacks(0)

<< New   /   Old >>

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


profile
categories
selected entries
new entries
archives
comment
link
sponsor
others
ad